機械式時計は特別なお手入れが必要です

機械式時計はとてもおしゃれです

腕時計は実用性だけではなく、ファッションにおいてもとても、重要な役割を果たしてくれます。どんな腕時計を付けるかで、ファッションの方向性を変えたり、個性をアピールする事が出来ます。そこでファッションの為に、高級な機械式時計を購入する人も、多いのではないでしょうか。機械式時計はデザイン性が高いものが多いですし、おしゃれですし、アピール度も高くなります。ですが機械式時計の場合は、一般的な腕時計とは異なるお手入れが必要なので、そのつもりでいましょう。

オーバーホールをしないと調子が悪くなります

一般的な腕時計の場合は、お手入れというと簡単に掃除をしたり、電池の交換をする程度です。大変に頑丈ですし、高性能ですからこの程度のお手入れでも、十分に長持ちさせる事が可能です。機械式時計の場合は電池交換は必要ありませんが、定期的なメンテナンスが必要になります。このメンテナンスは、オーバーホールとも呼ばれている、数年ごとに行う分解清掃の事です。このオーバーホールをきちんとしておかないと、調子が悪くなったり故障する場合も有ります。

汗による浸水も注意しましょう

また機械式時計は、防水になっていないものも沢山あるので、水気に注意する必要が有ります。一般的な腕時計なら、気にしなくても問題ないような水気でも、浸水してしまう可能性があります。夏場に腕に汗をかいただけでも、水が中に入って故障してしまう事も珍しくありません。ですからお手入れをする際にも、水気を使うような場合は十分に注意をして行う必要が有ります。また防水仕様になっていても、ねじ込み式のリューズの締め忘れによる、浸水にも注意しましょう。

1853年創業のフランスの高級宝飾品ブランドであるブシュロンは著名人、芸能人にも愛用するファンが多く結婚指輪として購入する方も多い憧れのブランドです。